ぴったりの脱毛器探し!脱毛器具の種類とは?

脱毛器具にも色々な種類がありますが、よく知られているのはフラッシュ脱毛方式レーザー脱毛方式ではないでしょうか。

 

どちらにしようか悩んでいる方もいるかもしれませんね。

 

フラッシュ脱毛方式はインテンスパスルライト(IPL)などの拡散する性質を持った光を使う脱毛方法です。この光はメラニン色素にだけ反応するので、肌を痛めません。

 

一度に処理できる面積が広いのも特徴で、最近の脱毛器具の主流になっています。

 

レーザー脱毛方式はフラッシュ脱毛方式と似ていますが、パワーが強力です。強力なぶん、肌に与えるダメージも強力なので痛みを感じることも多いです。

 

しかしフラッシュ脱毛方式より素早い脱毛効果を実感できるでしょう。

 

フラッシュ脱毛方式が主流になるまでは、レーザー脱毛方式が主流でした。

 

照射範囲が約1cm程度と狭いのが、少し面倒かもしれません。

 

その他、熱で脱毛するサーミコン脱毛方式や、入浴時に本体にボディソープをつけて使用する泡脱毛方式などあります。

 

どの製品にも良い点も悪い点もあります。

 

フラッシュ方式はまだ新しい方法なので、効果がはっきりしない部分もあり、「毛がはえてこない」といわれていますが、何度試しても生えてくるという感想もあります。
レーザー方式の場合は脱毛の際の痛みと、照射範囲が狭く円形なための「照射の打ちもれ」でしょうか。
サーミコン方式は熱線を使用しているので、使い方を誤ると火傷する場合があります。
泡脱毛方式はお風呂の中で肌が潤っている状態で使用できますが、直接毛穴から毛を抜くため、「埋没毛」になるおそれがあります。

 

などなど、脱毛器具ごとの特徴があるのです。

 

その他、消耗品が必要な脱毛器具がありますし、使用できる場所が限られている脱毛器具もあります。

 

強さのレベル調整機能があったほうが使いやすいですし、使用中の音も、長く使い続けるためには意外に重要です。

 

選ぶ際にはよく調べて見比べることが大事ですね。

 

::関連記事を読む


あなたが自宅で脱毛したいところはどこ?部位毎のベストな脱毛器はこれ!


ケノン ケノン

脱毛器ケノン
強力なワンショットと素人でも使える安全性を備えた脱毛器です。
この簡単操作が顔、両ワキ、二の腕、ヒジ下、両手、Vゾーン、ひざ下、ひざ上を自宅で全身を脱毛することができます。
およそ600ショットでなんと90円!
コスパ的にもお得で、痛くなく使いやすい脱毛器だからこそ、楽天で1位を続出しています。
☆3つ以上のガチレビューが、97.82%以上が実績の証。自己処理でつきものの、埋没毛やボツボツ毛穴ともおさらばできます。
今から始めて、彼や家族、友達や同僚など他人に魅せられる肌を目指しましょう!